なぜ大人は企画書を書きたがるのか?

なぜ大人は企画書を書きたがるのか?

先日、母が起業相談できる機関に行って相談してきたそうです。

アドバイスは「誰に」「何を」「どうやって売るか」を考えなさいということでした。これを聞いて僕はがっかりしました。

仕事をするなら、「誰に」「何を」「どうやって売るか」などということは、誰でも考えているはずだからです。母も、仕事の内容は話したと言っていましたが、もしそれが本当だとして、アドバイスがこれではダメなように思います。

確かに、現在の僕の企画書では、「どうやって売るか」については書かれていないし、だいたいのイメージはできていますが、それを表現できずにいます。とにかく色々やり方はあると思うのですが、どうして大人は、書類にまとめたがるのでしょうか?

やりたい事は頭の中にあります。それを一つずつ実行してクリアしていくのではダメなのでしょうか?

計画性がないのもダメですが、計画ばかり立てていても仕方がないと思います。

母は「会社を作るなら、仕事で付き合う人に迷惑をかけないように」と言います。迷惑かどうかは相手が決める事なのに、今かけていない迷惑について考えていたら何も実現できないと思います。

今、期末テスト前なので、あまり仕事の事を考える時間がありません。赤点取らない約束を学校としたので、今は勉強に力を注ぎたいと思います。